SEARCH THIS SITE.

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< January 2016 >>
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
blogmura
エヴァの告白
ちょっと前に、
ジェレミー・レナー関連で出演作をいろいろ観ようと
用意していたまま、
なんとなーく
「シリアスそうだな・・・」
って観ていませんでした。

どんな話かも詳しくしらなかったのですが、
観ながら偶然あらすじを観て、
「えー!ってことは途中で・・・」って
半分ほど観てちょっと観る気が失せてしまいました(観ましたが)。

ポーランドからアメリカに住む叔母を頼って
移住しようとしたエヴァと妹。
アメリカ入国目前で、妹の病気が見つかってしまい、
妹と離れ離れに。
エヴァも、来る途中の船で素行が悪かったと、
入国拒否になり、祖国へ送還されそうになるところを、

ホアキン・フェニックスが演じるブルーノに救われる。
彼はエヴァに一目ぼれして、そばに置いておきたいんだけれど、
愛した女にそんなことやらせる!?なことをやらせるんですよね〜。
エヴァも、妹を収容所から出すためにお金が必要で、
もともと敬虔なクリスチャンな彼女にとっては、とてもとても罪深いことながら、
妹のために、妹だけを思って耐え続けるんですが。

そこで、ジェレミー・レナーが演じる、エミールに出会うんですね。
たしか、違う名前(エミールとブルーノはいとこで、彼らもまた移民って言っていたような)
・・・オーランド(だったっけ?)。
彼は優しくって、エヴァとは惹かれあうんですが、
それをブルーノが全く快く思っていなく。
快く思っていないどころか、事件に発展して・・・。
ブルーノは最初からエミールをよく思っていなく、
何か女性絡みのトラブルが過去にあったようですが、
その時点で、私自身が
「ブルーノめー!!!」って、とてもブルーノのエミールに対する怒りも
しょうがないよね。と思えない感じだし、
ブルーノの生き方もなんだかなぁ。だったけれど、
何をしたって立ち上がって生きていかなきゃいけない時代には
仕方なかったのかなぁ。

信仰する宗教の教えに背いても、
生きていくために、罪悪感を抱えながら生きていかなくちゃいけず、
そんなエヴァはとても痛々しかったんですが、
困難に直面しながらも、唯一の希望は捨てずに頑張り続けて
報われてよかったな。って思いました。

今はいい時代になった。って一言で言えるかといえば、
そうは言えない人もたくさんいるんですが、
世の中は白か黒かで決められないことがたくさんあるんだよね。
ってことですね。
うまく感想を書けない1本。
(これに限らずいつも書けていませんが^^;)
 
| 映画 | 05:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
(500)日のサマー
結構前の作品なのに、
ほとんど中身を知らず観始めました。

ナレーションで
「この物語はハッピーエンドじゃない」
的なことを言っていて、

てっきり
ジョゼフ・ゴードン・レヴィットと
ゾーイ・デシャネルが
演じる2人のハッピーエンドな物語だと思っていたので、

「寂しい物語なのかなぁ??」
と思いましたが・・・。

主人公トムと、ひとめぼれした女の子、サマーの
500日の物語。
2人の性格って、
「男が、女が」でくくるのはいかがかと思いますが、
広く一般に言われているというか、認識されている
「男・女」の性格というか、考え方が
真逆といいますか。
トムの方は恋愛方面夢見心地で、
サマーはすっごくサバサバしている。
という感じがしました。

・・・ってここまで書いてみて、
結局のところ「男が、女が」ではなく、
持って生まれて性格かぁ〜。
って書いている本人が書いていて考えが定まりません。
答えはないし、そこが映画のポイントでもないのでね・・・すみません。


この映画を観て、改めて思ったのは、
「この人しかいない」って思ったのに、
ってその恋が終わってしまった後落ち込むことは一切ないな。ってことです。
サマーがトムと一緒だったころ、
「付き合うとか、そういう面倒なのは嫌」と、言っていたのに、
その後の行動がどうして??とトムは納得がいかなかったのですが、
サマー曰く、
「トムとはそういう風に思えなかっただけ」って。

じゃあ、そう思ってもらえなかったほう(こっちのほうが相手をより大好きだったりしますが)は
ひどく落ち込む状況かもですが、
そちらもあんまりいつまでもくよくよせず、
次へ行っていいし、そうするべきなんだなぁ〜。
って。


映画などだと、
「この人しかいない!」って人と紆余曲折ありながら
ハッピーエンド・・・なんていうのはたくさんあって、
そういうのに感化されて、
「なんであんな風にいかないんだろう」って悩んだり・・・。
なーんてことはしなくていいってことで。

けど、
「こうなったらいいな」と、人は希望を抱くから、
そういう、
「うまく行く映画」ってなくならないだろうなぁ〜とも思う。

私はしばらく引きずるので、
勉強になりました(苦笑)。

 
評価:
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 991
(2012-09-05)

| 映画 | 04:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
〜ばかり観る。
DVDになってからももう数年経ちます、

「ハングオーバー」

所々観たことがあったのですが、
大変遅ればせながらやっと1作目観れました〜。

かなり笑いました。
笑ってなんだかすっきりして、

「そうだ。コメディ映画ばっかり観よう!」
と思い立ったんです。

たまーに、
「恋愛映画ばっかり観たいな〜」とか思うこともあるし
今までも何度も
「コメディばっかり観たい!」という気持ちになったことはあったんですが、
また熱が上がってきました!


で、今回「コメディ観たい熱」が上がったのは、
入院中でした。
残念ながら持っていったDVDの中に、コメディ作品がもうなかったので、
ま、帰ってからでも。。。って思って、
帰ってきてしばらく経ちますが、
やっぱり仕事が始まると、
映画観るか、ドラマ観るか、本読むか、
好きなことは、どれかにしぼって細々としかできませんよね(涙)


とりあえず、ハングオーバーの続編を観たいと思います。

 
評価:
---
ワーナー・ホーム・ビデオ
¥ 927
(2011-04-21)

| 映画 | 10:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
色々読みかけても結局。
本を読み終えるスピードより、
「これ読みたい!」って思う出会いの方が早く、
そしてありがたいかな、たくさんあります。

忘れないうちに、と購入するんですが・・・。

かなりたまっています(涙)。

何冊も掛け持ちしているんですが、
1冊ハマりだすとそればかり。

「After you」と

「 The Girl on the Train」

は頻繁に行ったり来たりするんですが、
「After you」が面白くなってきて、
こうなってくると他のも後回しです^^;

「The Girl on the Train」は、
日本語訳の書籍出ていますよね。
そっちの方を買って読んだ方が早いんじゃないかって気がします。。。
でもこちらもしばらくまたおろそか(昨年夏ぐらいから持っているんですが)になりそうですが、
面白くなってきたので、頑張ろうと思います。

 
評価:
Jojo Moyes
Pamela Dorman Books
¥ 2,394
(2015-09-29)

評価:
Paula Hawkins
Doubleday
¥ 1,416
(2015-01-15)

| books-読みかけ | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゴールデンボーイの話ふたたび。
一挙放送の時にすべて録画したものを
順番に観ている、

「ゴールデンボーイ」

ダイバージェントあたりで(アンダーワールドは観てないんです)
英国出身イケメン俳優さんの特集記事などで目にするようになってから、

多分、好きな俳優さんの1人になりそう・・・。

と思ってはいましたが。

案の定(笑)


でもでも、このドラマでは
シャイ・マクブライドがいいんですよね〜。
若き主人公の、落ち着いた相棒で、メンター。
彼に出会わなかったら、ウォルターの7年後はなかったよな。って思います。

同じ部署にいるダフ屋(じゃなくて、チケット手配エージェント、だったかな)の
同僚刑事を演じている、
ホルト・マッキャラニー。
つい先日観た
「ラン・オール・ナイト」
など、
なんとなーく(なんとなくなんて、大変失礼なんですが)観たことある作品のみだと
悪役のイメージがずっとついていたんですが、
このドラマでは
無害な同僚(今のところ)で、メインのキャラクターではないけれど、好感が持てます。

残念ながら1シーズンで終わってしまいましたが、
もし続いていたとしたら、
7年後までの道のりが次のシーズンも続いていたのでしょうかね〜??

それにしても。
やっと6話目ぐらいまで観ました。
仕事が始まると、なかなか進みません^^;
 
| 海外ドラマ | 08:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
色々訂正。
AXNで、

スーパーガール
Childhood's End
ザ・マペッツ

てっきり投票が始まっていて、
一番に輝いた作品が
2月に先行放送されるのだとばかり思っていたのですが・・・。

1月24日からのようですね。
そして、この3作品の第1話が、
24日に放送されるんですね。
説明を読み違いしていたようです。
ごめんなさい。


そして、第1位に輝いた作品は、
2月7日と、以前書いたのですが、

正確には
2月14日に発表。

そして3月放送にさきがけオンエア。
・・・1位に輝いた作品の第1話が、再び放送されるってことでいいのかな?

1位に輝いた作品のみがまずは3月にオンエアなのかなぁ?
私は、全部3月スタートと思っているんですが(いまも)。

読解力なさすぎですみません。

ということで、あと数日で、
これら3作品の第1話とお目にかかれるということで、とっても楽しみです。

 
| 海外ドラマ | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アバウトタイム
2本だけなのに、決めつけるなよ〜。
という感じですが、

レイチェル・マクアダムスは
タイムトラベラーによく愛される(笑)

「アバウトタイム」
主人公の家は代々、男性のみタイムトラベルができるという血筋のようで、
ある時父親からその事実を打ち明けられ、
自分も出来るんだとわかった後(行けるのは過去のみみたい)
より良い日々を送るべく、能力を活用します。
歴史を変えるほど大きな力を及ぼせるというわけではないみたいですが、
運命の女性に出会って、うまくいくように、ちょこちょこ戻っては修正したりして、

「サスペンスではないから、あとで窮地には陥らないよね?」
と心配になったりもしましたが、
お父さんとのやりとりに泣けたり、
心温まる映画でした。
 
評価:
---
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
¥ 927
(2015-11-06)

| 映画 | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
キューティーコップ
堅物な主人公(リース・ウィザースプーン)は警察官。
その性格ゆえにやらかしてしまう失敗してしまい、
保管庫勤務になっていましたが、
事件の証言人の移動の警護のお供に選ばれて、その人(ソフィア・ヴェルガラ)の家に行って、
トラブルに巻き込まれてしまいます。

お供していた、確かFBIのエージェントだったかと思いますが、
殺されてしまい、
自分が何としても証言人を守らなくちゃ!と頑張る姿は
「キューティー・ブロンド」を思い出さなくもなかったり。

彼女が主人公だから、
邦題にも
「キューティー」がついているのかな?って思ったんですが違うかな?

堅物な主人公と、正反対な性格の相棒って、
サンドラ・ブロック主演の、FBIエージェント演じていた
デンジャジャス・ビューティーとか
最近だと、、、こっちもFBIのエージェントでしたかね、
デンジャラス・バディとか、
ちょっと通じるところがあって、

この2本が好きな人は楽しめると思います。
imdbの評価の平均が、結構低くて、批評等は読んでいませんがイマイチな評価がついているのかもしれませんね。
一言で言ってしまうと、
「おバカな映画」で、(もちろんいい意味で)
私はこういう作品が大好きなので、楽しかったです。

 
| 映画 | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ランオールナイト
殺し屋のジミー(リーアム・ニーソン)。
長らくマフィアのボス、ショーン(エド・ハリス)に仕えてきましたが、
今までの行いを悔やみ、酒に溺れる日々。

ジミーには、疎遠になったいる息子、マイク(ジョエル・キナマン)がいまして、
元ボクサーだった経験を活かし、地域の子供に教えながら、
生活のために運転手の仕事をしていました。

そのお客である夜乗ってきたのが、
ショーンの息子(キャラクター名ど忘れ)。
父親の言うことを無視して、勝手に悪事を働いた挙げ句、
自分ですべてかたをつけようとして、
それをマイクに見られてしまい、
マイクを殺そうとする・・・ところを、
ジミーが助けてくれる。

・・・なんていう、
普通に生きていたら、そうそう陥らないし、陥りたくもない境遇に見舞われる中、
最初はショーンを否定するマイクも、
共に逃げていくうちに、わだかまりもとけていきそうなのですが、
そこがポイントの感動映画。では決してない気がします。

そもそも、
ショーンの息子がすっごいバカ息子(言葉が悪くてすみません)で、
ショーンも手を焼いてはいるんですね。
それでも愛する息子には変わりないから、
親友同士だった、ジミーとショーンも一瞬にして敵になるのは当然か。
と、わからなくもないけれど、
ショーンの息子が、そういう悲劇(そもそも、マイクが悲劇に巻き込まれるんですが)に陥ったのは、
自業自得。
ってところをこちらは見ているので、


「ついさっき、ショーンはジミーに、”行き着くところ、どこまでも一緒”的なこと言ってたのになぁ」
なんて思ってしまいます。
子供いないからかな。
いや、そもそもいてもこんな息子になるようになんて絶対育てないし。

リーアム・ニーソンもエド・ハリスも好きな俳優さんなのですが、
2人とも・・・老けましたね。
2人の役とも、愛する息子を守るためと、愛する息子のための復讐。
ってそれぞれ愛するもののため(片方は歪んでいますが)
老けてもなお、素敵でした。
リーアム・ニーソンは。
・・・エド・ハリスは悪役ですしね。

ジミーの息子、マイク役のジョエル・キナマン。
リメイク版のロボコップですよね。
顔もかっこいいけれど、声が好きです。
(余談でした)

 
| 映画 | 05:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久々にこの人の話題・・・その2
映画「スティーブ・ジョブズ」
Movie Walkerによりますと、2月12日公開ですね。


前々回に書いた日記では、
あまりにも適当に書いてしまいましたが、
この映画関係で受賞したのは、
助演女優賞のケイト・ウィンスレットと
脚本のアーロン・ソーキンでしたね。
かなり適当でした。ごめんなさい。




そういえば。
ゴールデングローブ賞授賞式、
マイケル・ファスベンダーは恋人、アリシア・ヴィキャンデルと一緒に出席していたわけですが・・・。

数か月前にどこかで、
「実はジェニファー・ローレンスとロマンスが始まっていて、
2ショットがみられるのも時間の問題」

という記事を読んだんです。
実は、Xーメン:ファーストクラス時代から、
ジェニファーはマイケルにお熱だったんだけれど、
マイケルは、ゾーイ・クラヴィッツと付き合い始めて叶わず・・・。
ジェニファー自身も、ニコラス・ホルトと付き合い始めたし。
で、叶わなかったんだけれど、
月日がたち、互いにフリーになったので。
っていう話だった。

ジェニファー・ローレンスは本人同士が「ない」って言っているけれど、
ブラッドリー・クーパーと恋人同士になったらいいのに。
・・・っていう勝手な願望(相変わらずの余計なお世話)がありましたが、
ジェニファー・ローレンスは好きな女優さんだし、
その時点でその記事が本当でもまぁいいかなぁ〜。と思っていました。

結局ただの「噂」の記事のようでしたが。

 
| マイケル・ファスベンダー | 01:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/2PAGES | >>