SEARCH THIS SITE.

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2015 >>
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
blogmura
観ているのに内容の記憶が。。。その3
ヴィンセント・ドノフリオ出演作再チェックその3。

「メン・イン・ブラック」
割と最近になって、改めて観直しているので、
よーく覚えています。
エイリアンに体を乗っ取られちゃう、残念な農夫の役でしたよね。
特殊メイク姿で、しっかりエイリアンでしたので、残念(映画的には残念じゃないのですが)
その、”改めて観直した”という理由が、
「名探偵モンク」のトニー・シャルーブってどんな役だったっけ?
という、今と同じ理由だったのですが、
元々好きな映画だったので、結局話に夢中になって
「やっぱり、ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズいいよね〜」
で終わり、
更にはしばらく、
ウィル・スミスのラップのアルバムを押し入れから出してきて、
しばらく聴いていました・・・。
ヴィンセント・ドノフリオもトニー・シャルーブも関係なくなりましたね^^;


「ニュートン・ボーイズ」
何が面白いのか、理解できなかった、高校生の時に観た1本。
というわけで、記憶がまた曖昧。
ニュートン兄弟は、犯罪者だったかと思いますが、
そんな中でも
マシュー・マコノヒー演じる、主人公は、
悪なんだけれど、そのリーダー性は、
「生きる場所が違えば・・・」的な感じだったような・・・。
で、ヴィンセント・ドノフリオは兄弟の何番目の人で、
どんなキャラクターだったのか・・・。こちらも要再鑑賞。


何かラブコメとか過去に出演していないのかしら〜??
と、探して、
是非観たいのが、
マリサ・トメイと出演している
「ハッピーアクシデント」
でも、日本版はDVDはないみたい。
アメリカ版も新品は出回っていなくて、
中古でも構わないのですが、一度嫌な目に遭っているので、ためらっています。
Amazon(米)のストリーミングでは購入できるようなのですが、
こちらは日本では観れないのですよね〜。
観たいなぁ。

評価:
---
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥ 910
(2011-01-12)

評価:
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 1,000
(2015-07-03)

| actor&actress | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
観ているのに内容の記憶が。。。その2
ヴィンセント・ドノフリオ出演作チェックその2です。

「ザ・プレイヤー」
ティム・ロビンスが主人公だったなぁ〜。
という記憶しかなくて。

かなり言い訳ですが、
これを観たあたりって、高校生。
手当り次第に観ていたころで、
その中には、高校生の私には理解できない内容のものも多々あり、
結果、今になって内容が思い出せないんですよね。
この頃観ていたのは、もう一度観るべきだなぁ・・・といつも思います。
今なら手当り次第に観ても、
多少内容に理解を示せるものが多いでしょうが、
今は手当たり次第に観る時間がない・・・というね(涙)。

というわけで、
きっと観たら
「あぁ、そうそう!!」なんでしょうね。



「フィーリング・ミネソタ」

キアヌ・リーヴスのダメな兄貴かなにかだったっけ?
と、いうのが今の記憶。
こちらも高校生ではなかったかもですが、10代後半頃観たんだと思いますが、
手当たり次第観たやつ、というよりは、
あんまり面白くなかったんじゃ・・・。
また今観たら違うかもなので、こちらも要鑑賞。


「愛の選択」

これも高校生の時初めて観ましたが、
ジュリア・ロバーツが演じる主人公が、
病気を患う青年の身の回りのお世話をする仕事に就いて、
その青年と恋に落ちるんだけれども・・・って話で

「プリティウーマン」の演技で人気でて、
シリアスなキャラクターも演じれるんだぞ!と模索していた頃らしく、
むしろ裏目に出たんじゃない?という何作品かの1つ。
・・・と、評論されていたのを雑誌で読みまして。

「そんなことないぞー!」
と思ったのは、記憶しています。

で、ヴィンセント・ドノフリオがどの役で出ていたかという、
肝心のところは・・・要再鑑賞。


でもあんまり感じのいい役じゃなかったんじゃないだろうか・・・
と、思います。
「Law&Order:犯罪心理特捜班」
観るまで、
実はそんなに好きな人じゃなかったんですが、
彼こそ、
そう思わせる演技の上手さ故。と思います。


評価:
---
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
¥ 800
(2008-06-20)

評価:
---
ワーナー・ホーム・ビデオ
¥ 991
(2010-06-02)

評価:
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 1,490
(2008-09-05)

| actor&actress | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
観ているのに内容の記憶が。。。その1
ヴィンセント・ドノフリオの出演作をチェックしていました。

たくさんあるのでね。

まずは

「サムサッカー」

これは確か、主人公のお父さん役で、
息子にちゃんと男らしくなってほしい、
少々理解の足りない父親役だったような・・・。


「クローン」

これは、「CSI:NY」で改めてゲイリー・シニーズいいな。
ってなって、観た作品で、
ヴィンセント・ドノフリオの役は、
ゲイリー・シニーズ演じる主人公(だったっけ?)のことを
執拗に「クローンじゃないか?」って疑う役・・・だったかなぁ。
当時思ったのは、
「お前が、クローンなんじゃないの!?」で、
でも実は・・・というのが映画自体の話だったはず。

「ミスティック・ピザ」

観たのがかなり前過ぎて、
もう一度観なくちゃいけない・・・。
ってほど、思い出せません(涙)
予告をとりあえず観直しましたが、
「あぁ〜。そうそう。。。うーん。でも。。。。。忘れた!」で^^;


そういう作品がまだまだまだまだ続く。


評価:
フィリップ・K・ディック
松竹
¥ 1,650
(2004-11-25)

評価:
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 1,490
(2008-11-19)

| actor&actress | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
こちらを再開
2日ほど病院に通院しました。
1日目は待ち時間の間に何かをする。
と、いう気になれず、何もしませんでしたが、

2日目は余裕があったので、

「The Mountain Between Us」
の続き。


ここ最近は、
ヴィンセント・ドノフリオ演じるゴーレン刑事に
すっかり夢中なため、
心理的ダメージもたまには感じるドラマ一色^^;


主人公のベンはお医者さんなんですけれど、
患者を元気づけるいいお医者さんのようなんです。
物語は(まだ私の読んでいるところは)、
悪天候の中、チャーターした飛行機で離陸して、
操縦士が心臓発作起こして墜落。
空港で出会い、一緒に飛行機に乗ることにした
レイチェルの方がかなりひどいケガで、
自分自身もケガしているんですが、一生懸命励ましている姿に惹かれまして。
この後どんな風に展開して行くのか、気になるんですが・・・。

個人病院なので、あっという間に呼ばれました(笑)

続きは夜に・・・
って、家は暑過ぎて読書が進みません(言い訳)

| books | 10:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
JUGEMのつぶやき
海外ドラマでも映画でも音楽でも本でもない話。

コメントをもらって、お返事する際、
私もアドレスとか入力しているのですが、

以前はちゃんと投稿時リンクついていたのに、
最近されない(涙)

こちらの管理画面で設定できるのか、わからず困ってます。
パソコンのウィルスソフトの関係なのかなぁ〜??


| つぶやき | 04:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ジェフ・ゴールドブラム「犯罪心理捜査班」
スーパードラマTVでは今日ぐらいからシーズン3がスタートする

「Law&Order:犯罪心理捜査班」

そちらも観つつ、
元々録画してあった(最初から観続けていた方)も再開して、

シーズン8まできました。

このブログでも初期のころ触れていた
ジェフ・ゴールドブラムの出演シーズンへやっと追いついて、

ゴーレンにはかなわないけれど、かなりいいキャラクターで、好きです。
(クリス・ノースも嫌いじゃないんですが、あんまりはまれず)


シーズン8まではなんとか全話そろっているんですが、
シーズン9以降は放送日のチェックとか怠って、
録画し忘れているのもあるんですよね〜。

ゆったり待っていれば、いずれ
スーパードラマTVの放送が追いつくと思いますが、
DVD(日本語字幕は残念ながらないけれど)出ているしなぁ・・・。

迷っています。


| Law&Order犯罪心理捜査班 | 04:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
なにげに好きな、チャニング・テイタム
何年かに一度、
「すっごい大好き!!!!」
という俳優さんに出会って、
その後数年はその俳優さんは別格で好きな人で、

そうじゃない人は
「そこまでじゃないけれど、好きな人」
という感じから、

「よく見る、気になる人」
それから、

「あの作品で嫌なキャラクターだったから、何となく嫌」
まで。

最後に関しては、
そこまで思えるほどの演技だったってことは、
すばらしい俳優さんじゃないの。
って感じですよね。
実際、
その後すっごいいいキャラクターを演じているのを観て、
「そこまでじゃないけど、好きな人」へ一気にレベルアップ(?)するんですが。


このブログでも散々書いていますが、
私の中では数年別格で好きな人は
マイケル・ファスベンダーなので、
彼ほどハマってはいませんが・・・。

最近気になるのは
チャニング・テイタム。

最近っていうよりも、結構前からですが、
いつからだったかな〜?
ってブログを振り返ってみたら、

「君への誓い」でした。


まだまだ観ていない作品も多く、
出演作を観よう!と調べたら、
アクションが多いんですよね〜。

次観ようと思っているのは
「親愛なる君へ」
これは、ニコラス・スパークス原作の作品ですしね、
アクションじゃないですよね。

この連休で観ようと思いましたが、
ステップアップまでしか観れませんでした。


奥さんの
ジェナ・ディーワンも素敵な人で、

今まで私の中のベストカップルだったある2人が
別々の道を歩むことになってしまった今、
末末永く幸せなカップルでいてほしい。
と新たに期待を、勝手に寄せていたりする1組だったりします・・・。


評価:
---
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
¥ 761
(2013-01-30)

| actor&actress | 04:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ステップアップ
2006年の作品。

チャニング・テイタムってなかなかの多才な人ですね。

素直で心優しい好青年も、
アクションも、
コメディも、
そして、
踊りも超上手!

なんて。

いつだったか、
ピープル誌の毎年恒例の
「世界一美しい男性」になった際は、
大変失礼ながらピンとこなかったのですが、
今なら納得(遅い)。



夢を持って生きるなんて、
心が傷ついちゃうから、
ただただ1日1日を平凡に生きている主人公のタイラー。
親友とバカやって、芸術学校に忍び込んで
学校の物を壊して捕まって。
そこへ奉仕活動として掃除に行く処分に従い、
毎日通っていくうちに
その学校で、真剣にダンスに取り組んでいくことになって・・・。

って。かなりざっくりしていますが、こんな話。
まぁ、かなり前の作品だから、
中身は知っているよ!
って感じですよね。


以前の私なら、
「やりたい夢が見つかったら、がむしゃらに頑張るって大事」
ってひょっとしたらワクワクする1本だったのかもしれませんが・・・。

この映画では
ただただダンスがかっこいい!!!
という方面に気持ちがいってしまい、

肝心要の話は、
追いかける夢が見つかると
今までの自分を見つめ直して、心が気もそぞろな主人公に、
親友は、足を引っ張るか
応援するキャラクター。
夢を追いかけるか、今までの日々を過ごすかを悩む日々に、
悲しい出来事。
それから、
一緒に夢を追う恋人。。。

という要素は、
意地悪な言い方をしてしまえば、
よくある夢追い系のストーリー。。と思います。(本当、意地悪ですみません)

私が、自分の好きなことを一生懸命追ってない、
つまらない大人になってしまったから、こんな意地悪な見方をしてしまっているのかわかりませんが。。。

ちなみに、面白くなかったわけでは決してありません。
好きな映画の1本になりましたよ。

とにかく、
ダンスのシーンは本当に本当に魅了されました。

きっとタイラーは
今までの夢も持たない日々から1歩前進したんだと思います。
良かったな〜って思います。

続編が結構出ているんですよね。
「2」あたりに、
「Glee」のハリー・シャム・ジュニアも出演しているんでしたっけね。

そういえば、
タイラーの。。。
とここで、タイラー自身もあのお家が里親のお家だったか、
最初の部分ちょっと見落としてしまったのでわからないのですが、
一緒に暮らす女の子もダンスが上手で、
彼女を演じる女優さんはその後もこのシリーズに出ているのもあるようで、
てっきり
「今度は主人公なのかな?」と思ったら、
また違う人なんですもんね。

チャニング・テイタムが出ていないしなぁ〜(そこかい!)。
と思いつつ、ちょっと「これから観るリスト」の順位はすぐではありませんが、
続編も見てみたいと思います。
「2」のクレジットにはチャニング・テイタムの名前ありましたが、
きっとちょっとの出演ですよね??



評価:
---
エイベックス・ピクチャーズ
¥ 8,980
(2009-12-02)

| 映画 | 03:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ウルヴァリン:X-MEN ZERO
ウルヴァリンが主人公の
映画が作られたな〜。。。

と、頭の片隅にあった数年前。

この、
「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」は
2009年の作品なんですね〜。

リーヴ・シュレイバーや
ライアン・レイノルズも出ていたとは!

最近観た、
「フューチャー&パスト」
や、

改めて観直した、
「X-メン」

などを頭の中で総合すると、

「えーっと、この時代は・・・」
と若干頭が混乱するんですが。、

あれ?
超合金じゃないの?という疑問や
記憶がないのはどうして?
ってことなど、
X-MENシリーズで観たものが
頭のなかでつながって、
そういうことだったのか〜。
と、
この映画を観るまで謎の多い男だった
ウルヴァリンの過去がわかるんですね。

とは言っても、
もう6年前の作品ですから、
「何を今頃言ってるの?」って感じですよね〜^^;

リーヴ・シュレイバー演じるビクターの、
弟ローガンとの性格の正反対っぷりというか、
観ていて素直に腹の立つキャラクター。
どんな事情でそういう性格に(というか病気?)なったか
知らないけれど、
絶対主人公にはなり得ないキャラクターだなぁ〜。
でも、そう思わせてくれる演技をする、
リーヴ・シュレイバーってやっぱすごいな〜。と思ったり、

この作中では
生まれてからの記憶は正常にあるある、ローガンで、
大人(超おじいちゃん)になっても、
善悪のわかる、心の優しい人ですが、

記憶を失って、
自分ってなんなんだ!?とその日暮らしを続け
荒れていても(この辺りはX-メン)
心の優しさは忘れてなくて(ローグを助けに行く正義感とか)
今更ながら、ウルヴァリンの人気がわかったような気がします。
記憶が間違っていなければ、
X-MEN(2000年の、最初のやつ)公開後、
ウルヴァリン人気がすごかったような・・・。
それとも
アメコミ界でもずば抜けて人気だったりするんですかね〜??

2000年に米で公開ってことは、
私が観たのは、その1年ごとか2年後だったとしても、
14年ぐらい前で、
・・・忘れても仕方ないか^^;


ウルヴァリンシリーズでは東京を舞台にしたものもあるんですよね。
観ようかどうか、迷っています。


評価:
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 410
(2013-09-04)

評価:
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 1,136
(2010-07-23)

| 映画 | 03:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
22ジャンプストリート
しばらく前に途中まで観て、
やっと再開しました。

前作の
「21ジャンプストリート」同様、
すっごく笑えて大好きな映画です。

21〜は高校に潜入することになった2人で、
その際は、
「いや〜無理ないか??」でしたが、
今回は大学。
まぁ・・・大学ならね。老若男女学べる場ですしね(笑)


何も考えず、
「おバカだなぁ〜」って大笑いできるだけの映画かと思いきや、
意外と(失礼?)しゃべっているセリフの中に、
「これって、メッセージこめられてるのかな?」って思えるところもあったりして。
深読みしすぎかも、ですが。

最後の
「今後の潜入捜査」をご紹介するところもすっごく好きで、
ジョナ・ヒルが1回分、違う人(一応伏せます)になっていて、
2人が似ているって思ったことはなかったのですが、
同じ雰囲気は持っているかな〜って思っていたので、
「おぉ!」とうれしかったです。


評価:
---
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥ 927
(2015-07-22)

評価:
---
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥ 927
(2013-09-11)

| 映画 | 05:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/2PAGES | >>