SEARCH THIS SITE.

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2009 >>
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
blogmura
ラスカルフラッツ
 アメリカンアイドル、シーズン8にて。
お気に入りのダニー・ゴーキーが、
ラスカルフラッツの「what hurts the most」
を歌っていました。

(「〜届かぬ想い」という日本語タイトルもついているんですね。)

ダニーが歌っているのを聴いたら、
久しぶりにオリジナルも聴きたくなり、

久々、ラスカルフラッツ。


ついでに久しぶりに、
「life is a highway」を聴いたら、
今頃この曲にはまりました。


ラスカルフラッツの3人が、
車の上で歌ってたなぁ〜。。。
ぐらいの印象しかなかったんですが、

よくよく曲を聴いてみると、

いいこと歌ってるじゃないの〜!!!


と、言うわけで改めて調べてみますと、
この曲、ラスカルフラッツのオリジナルではなかったのですね。

しかも、
ラスカルフラッツ以外にもカバーしてるんだぁ〜。

と、言うわけで試聴してみましたが。。。。



ラスカルフラッツが1番だな。


なんて。


先日、新しいアルバムを出した彼ら。

本当は、ギャヴィン・デグロウのアルバムを購入予定でしたが、
先に買っちゃいました。


ビルボードで1位になったようです。
えーっとちなみに、
日本での発売は7月22日。

3ヶ月近くも待てません!
(・・・待てばきっと色々日本の特典とかあるんでしょうが)


余談ですが、
ラスカルフラッツは
「what hurt the most」あたりから聴き始めたのですが、
それ以前から、アマゾンで
”こちらもオススメ”リストにあったんです。
でも、
ボーカルの人(好きな割りに名前をしらない)の見た目で、
「ハードなロックは聴かないのに、なぜ紹介されちゃうんだろう???」
でした。

確か、その後グラミーかなにかで見て、
私が好きな曲を歌う人たちなんだと知り、
「見た目で判断してごめんなさい><」でしたw


こりゃ、アマゾンもしつこく紹介してくるわけです・・・。
評価:
Rascal Flatts
Lyric Street
¥ 1,550
(2009-04-14)

評価:
サントラ
エイベックス・トラックス
¥ 2,323
(2006-06-28)

| 音楽 | 22:58 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ナンバーズのお父さんがSVUに!
 ナンバーズで、エプス兄弟のお父さんを演じている、
ジャド・ハーシュさんを、昨日の、

Law&Order 性犯罪捜査班で観ました〜。

昨日の放送は、
「Mercy」(日本語のタイトル把握してません、すみません)
ハドソン川。
クーラーボックスに丁寧にくるまれた乳児の遺体が見つかり、
チームは捜査を。

その捜査上での人物の一人。

あと、
「Lost」や
私の中では「ER」などでの印象が強い、
エリザベス・ミッチェルも出ていました。
彼女と、「HOUSE」のリサ・エデルステインは、
同じエージェントなのか、そのサイトで見つけて、
「じゃあ、2人は仲良しなのかなぁ〜」
と、考えはじめると、
2人って、なんだか似てるかもって根拠もなく思ったり。
2人が演じる女性。。。というか、
作品での2人のポジションといいますか、
近いような気がしたんです。

私だけかな。

ジャド・ハーシュのお話のはずなのに、
話がそれてしまいましたが。。。
| 海外ドラマ 男性俳優 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Law&Order SVU 「Mercy」
シーズン4、エピソード14
『Mercy』

※ネタバレあり。
ハドソン川で、見つかった乳児の遺体。
犯人を捜すチームのメンバー。

最初は、学生が育てるのに困った挙句の犯行。。。
という目立てでしたが、
乳児から病気がわかって展開は違うほうへ。


様々な事件を扱うSVU。
残酷なのに、なすすべがないのかなぁ。。。
じれったいなぁ。。。というエピソードもいくつかあった。
ちょっと、しっくり来ないなぁ、というエピソードも。

今回もそんな感じでした。
アンドレアは、愛娘を思った故の犯行だったわけですよね。
だからと言って許される行為ではないし・・・
アレックスが主張した方の意見に、あんまり取り乱していない姿だったから、
そう思ったのかも。

この微妙な親心がわからないのは、
まだまだ私がおこちゃまだからかもしれませんが。。。

たまに、難しいエピソードもありますが、
かなり大好きなドラマです。


あっ、
ちょこっとだけ、
「プライベートプラクティス」のポール・アデルスタインが出ていましたね。

| Law&Order性犯罪特捜班 | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
エレン・ポンピオおめでとう!【グレイズアナトミー】
 people magazineのサイトによりますと、
グレイズアナトミーの主人公・メレディス・グレイを演じている、

エレン・ポンピオが、
ご懐妊とのこと!!!

グレイズアナトミーも、もちろん大好きなドラマで、
メレディスも好きなのでうれしいです♪

役者さんの名前を未だ覚えていないのですが、

メレディスの義理の妹役の女優さんも5月に出産予定とか。

お友達でも親戚でもありませんが、
ハッピーなニュースはうれしいですね。
評価:
---
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
¥ 11,544
(2009-06-26)

| ニュース | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今夜のCSI8-蜜蜂の死【LOSTやOZのあの人】
 日本バージョンのDVDは、英語字幕がないんですよね。
英語を勉強しながらドラマを楽しみたい身としては、ちょっと残念だったり・・・。


WOWOWで放送中のCSI:8
第3話「蜜蜂の死」

内容の方は、字幕版を楽しみにされている方のために
(私も含め・・・今日はたまたま見ました)
詳しいことは書きませんが、


「OZ」ではオーガスタス、
「LOST」ではマイケルでおなじみの役者さんが出ていました。

一瞬、
「デッドゾーン」のブルース?
って思ったけど、調べてみるともちろん似ていないわけで・・・。


ところで、そのオーガスタス/マイケルを演じている役者さんですが、
ハロルド・ペリヌーで、読み方合ってます??

読み方間違ってたらごめんなさい。



評価:
Dustin Abraham,Scott Shiffman,Ann Donahue,Anthony E. Zuiker,Richard J. Lewis
Paramount
¥ 5,268
(2008-10-14)

評価:
---
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
¥ 8,005
(2008-12-03)

| CSI | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アグリーベティー
 前にスーパードラマTVで放送されていたコロンビア発のドラマ
「ベティ〜愛と裏切りの秘書室」
かなり好きでした。


でも、物語の本筋とはあんまり関係ないところも、
くどくど登場人物のやりとりが長いな〜など、
思うこともありましたが。。。


さて、そのアメリカバージョンが
アメリカ・フェレーラがベティを演じている
「アグリーベティ」


本家よりも、
ベティの性格がかなり明るくて、前向きなところが、
観ていてとてもいいです。


リメイクだし、やっぱりダニエルと最後はハッピーエンドなんですよね〜?
NHKBSでシーズン1が始まったころ、
「すでにアメリカでは、最終シーズンまで製作が決定されているほど人気」
と言われていたかと思いますが、
何シーズンまで作られるのだろう?
早く、ドキドキさせてくれないかしら!?
などと最初は思っていましたが、
今は、1話1話観られて、うれしい限り。
評価:
---
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
¥ 7,485
(2008-09-17)

評価:
デリア・エフロン
ワーナー・ホーム・ビデオ
¥ 3,500
(2008-07-09)

| 海外ドラマ | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
デッドゾーン
 今日のAXNでのデッドゾーンの再放送。

お昼ごはん食べるのに家に戻ったときちょこっと観た。

ウォルト役のクリス・ブルーノと、
Numbersのコルビー役のディラン・ブルーノは兄弟・・・

って、Numbersを観始めてから知った時は驚いた。


そのコルビーが、ゲスト出演していた回だった(監督はクリス・ブルーノ)。


シーズン3までは1話も欠かさずだったのですが、
シーズン4以降録っていたレコーダーがぶっ壊れて、
今回の再放送でまた観直しているため、
今日のもまだなのです。

と、いうわけで、
このドラマの結末も実はまだ知らないのですが。。。

昔。
シーズン1からかなりのはまりようだった私は、
シーズン2始まるまでの間が待ち切れずでした。
「そうだ!映画の方も観よう」

・・・軽く落ち込んだ。
昏睡状態から目覚めたジョニーがどんどん孤立して行ってしまうんですよね〜。
そして、あっという間にラストへ。


ドラマは、かなりコミカルなエピソードもあるし、
・・・って膨らませられるのはドラマだもの、当り前ですが。

私が観た分のエピソードに限って言えば、
最初は、サラと一緒になれないジョニーが、切ないって思っていましたが、
ウォルトもすごくいい奴で、ジョニーの息子、JJを囲んで、
3人の関係ってすっごい大人だよな〜って思っていました。

今まで見た分でといっても、
すでに50話は超えていますので、お気に入りのエピソードはたくさんありますが、
JJがジョニーに自分が父親だと打ち明けるエピソードは、

かなり、かなり泣きました。
と、いうわけでかなり好きなエピソード。


4400、そしてデッドゾーン。
人気は充分だったのに、
「前へ進み、新しいドラマを作らなきゃ」
とのことで打ち切りと聞いた時は、かなりショックでした。

でも観てないのがまだ20話ぐらいあるので、
ちょっと楽しみがまだ残っている感じです。
評価:
スティーブン・キング,マイケル・ピラー
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
¥ 5,145
(2006-09-22)

| 海外ドラマ | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
プライベートプラクティス
 グレイズアナトミーの10年後を描いたドラマ・・・
と、どこかで読んだことがあります。

「プライベートプラクティス」
「グレイ〜」と同じくらい好き。

小児科医役の、
ポール・アデルスタインが結構好きです。

グレイズアナトミーのシーズン3で、
アディソンがロスを訪れて・・・の2話ありましたよね。
あの時の親友、ナオミ役は、

エイリアスで、
シドニーの親友役の人だったはずでしたが、
どうして変わっちゃったのでしょうね〜?

評価:
---
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
¥ 5,387
(2009-07-03)

| 海外ドラマ | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ジャーニーマン

先週の水曜日から始まりました、

「ジャーニーマン」

始まるちょっと前まで、てっきりドキュメントだと思っていましたが、
(旅番組か何かだと・・・)


デッドゾーン



トゥルーコーリング(×2)

ってところでしょうか。



同じようなテーマでも、
登場人物の人柄や、置かれている状況でも、
話は本当変わるなぁ。
脚本家さん、すごいなぁ。。。って思います。


誰でも
「もしあの時こうしていれば・・・」って思うもので、
普通は、実際に戻ってやり直したりできるわけもなく。
できたら、こうかな〜というのが、
こういうドラマの生まれる源なのでしょうかね??

主人公ダン、
ローマに出ている方なんですね。
まだローマは観たことがありません。
ちょっと
「デッドゾーン」でジョニー演じる、アンソニー・マイケル・ホールに似ているような気がするのですが、
私だけでしょうか?

私は、刑事でダンのお兄さん役の人が、好きなのですが。。。
冒頭でダンの奥さんとなんだか訳ありな感じでしたが、
ダンが昔へ戻って行った中で、訳ありなのがわかりましたね。
でも、どんな展開で、ダンと?
これからの展開が楽しみです。

・・・が13話で、キャンセルされてしまったようで、
13話ですっきりできるのかが、ちょっと心配です。


第1話の最後、
ダンが、過去へ行った際に埋めた指輪を掘りに行った際に
流れていた曲が
The Frayの"look after you"
かなりいいです!

評価:
ザ・フレイ
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
¥ 2,016
(2006-10-11)

評価:
---
ワーナー・ホーム・ビデオ
¥ 11,761
(2008-03-19)

| 海外ドラマ | 01:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ナヴィ・ラワット【ナンバーズ】

チャーリーのよき助手、アミタ役の
ナヴィ・ラワット(Navi Rawat)。

彼女の声が知性を感じてかなり好きです。

チャーリーを支えて、チャーリーのひらめきのきっかけのアイデアを出してくれたり、
数学のことでのチームワークはばっちり。

恋愛は・・・???

これからの見所ですね(私まだシーズン3の途中です)


ところで。
スターゲイトアトランティスに出演中の
シェパード中佐こと、ジョー・フラニガン。
彼の他の出演作が観たい!

と、探して観たのが、
「クライムエンジェル」


きっかけは違ったのに、
観始めると
「あれ〜??この主人公の子はどこかで見たことがあるなぁ。」


そうだ!アミタだ。


でした。


映画の方は、
突然、人の心の声が聞こえるようになった主人公が、
入院生活を経たのち、ある研究者に出会い、
その特性を人助けに活かす・・・というお話。

すべての人が持ち合わせているわけではない、
"ギフト"を、人命を救うために使命として立ち上がる人物を描いたものは
デッドゾーン、
トゥルーコーリング、
ミディアム
・・・等々

あって、
テーマはありきたり(失礼ですが)かもしれませんけれど、
この映画結構テンポもよくて面白かったです。

でもラストがあまりにもあっけなさすぎて、
「えっ?もう終わっちゃったの?」

・・・それが残念でした。



評価:
---
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
¥ 1,350
(2009-04-09)

| Numbers【ナンバーズ】 | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/2PAGES | >>