SEARCH THIS SITE.

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
blogmura
The Mountain Between Us

ようやく読み終えました〜!

 

「The Mountain Between Us」

 

今回書くのに、自分の書いた以前のものを振り返ってみたら、

2015年ぐらいからぽつぽつ読み始めたようです。時間かかった!

 

主人公は外科医のベン・パイン。

学会かなにかに出席して、飛行機で自分の住むところに戻ろうと

空港で待っていたのだけれど、天候が悪くて欠航。

偶然居合わせた女性、アシュリーとその場で意気投合。

飛行機をチャーターして一緒に帰ることになったのですが、

途中でパイロットが心臓発作で急逝。

ベンとアシュリーはなんとか助かるも、どこかわからない山の中。

アシュリーは足を骨折。ベン自身もろっ骨が折れていながらも、

アシュリーに応急処置を施し、

なんとか2人で山を降りようとするのだけれど、

それはとっても困難な道のりでした。

そんな中でも、2人で冗談言いあったり、励ましあったり、

いつしか2人の間には絆が生まれるのですが、

ベンには、別居中ではあるものの愛する妻が、

アシュリーには、婚約中で、1週間後(事故にあった日から数えて)に結婚の予定でした。

 

 

・・・2人の恋の行方は???

っていう単純な話ではなく。

恋の行方っていうか、生きて帰れるかわからない状況下ですからね。

そして、

別居中なのだけれど、愛してやまない妻・レイチェル。

レイチェルとのエピソードも挟みつつ、物語が進んでいきます。

 

 

話が脱線しますが、

ちょっと前に、

「面白くない本なのかも」などと、書いた日記がありました。

それがこの本でした。っていうのも書いていますが、

ついでに言うと、面白くない。という感想は、違った。

っていうのも書きました。

 

しばらく読まなかったのは、以前読み進めていた際

2人の行方が気になり、最後のページの方を読んだら、

「まだ助けられていないの!?辛いよ〜」

という感じだったのです。

最後の方のページまで、2人は過酷な状況下ですし、

ページを飛ばして読んだ目に飛び込んだ単語に、

「これ以上つらい状況かよ〜」と、

じりじり辛くて、読めなかったうちに、読まなくなってしまったんですが、

 

再開して読み進めていくと、

過酷な状況の中で、徐々にベンの心の内とか、

妻のレイチェルのことなどわかっていくと

「どうなるの?この先どうなるの?早く読み進めたいよ」

と、相変わらず読むのが遅いので、気持ちだけが前のめりになりましたが、

読めました。

 

 

すっごく面白かったです。

一時面白くないのかな。とか思ってごめんなさい。という感じです。

最後の方は泣けました。

 

この本を読みながら、頭に浮かんでくるのは

「スピード」で、サンドラ・ブロック演じる、アニーがラストに

キアヌ・リーヴス演じるジャックに、

”特殊な状況下で結ばれた2人は長続きしない”的なことを言っていたこと。

...「2」では別れてしまっていましたが(それはまぁ、大人(キャスティング?)の事情で。)

 

ベンとアシュリーもまさに特殊な状況下。

ベンは、お医者さんとして、元々持ち合わせている優しさも併せて、

アシュリーに優しくって。自分もケガしているし、疲れているんだけれど、

アシュリーを見捨てない。

絶対に「2人」で生きて帰る。「2人」で!

というところに、ベンは譲れない想いがあり、

それがどうしてか。っていうのはだんだんわかってきます。

 

 

映画がもうすぐ公開のようで、

日本でもいずれ観ることができると思います。

楽しみです。

 

 

| books | 05:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
また読み返す本。

「ダブリンストリートの恋人たち」

 

もう何度もこの話題は書いていて、

またかよ。なのですが。

 

同じところを何度も読み返しては、

心を動かされてしまいます。

 

自分じゃどうすることもできない感情に

とっても振り回されてしまうことってありますよね。

まぁ、その感情を抱いている自分も自分なのですが。

頭で考えてどうにかできるのなら、それが一番なんて思うこともあります。

 

頭で考えて、思い込んで、気持ちがどうかなればいいったって、

それでどうかなっても、後々違った。って気付くこともあって、

そんなときほど悲しいものはなくって。

 

何を言いたいかといいますと、

「ふり」って難しい。ってことですね。

 

好きなふり、

好きじゃないふり。

 

ジョスリンは、

ずーっと心を閉ざして生きてきたんですが、

ルームメイトになったエリー。

兄のブレイデン。と、心を開かずにはいられない人たちと出会い、

変わっていくわけですが、

その過程っていうのは、

痛みも伴ったりで、

そんなことなら最初から、

好きになっていないふりをして、平気。って言ってみたり、

うれしくっても、大したことない。って思ってみたり、

そういう「ふり」をして、

人と一定の距離を置いて生きていく方が、

心が乱れなくて、楽って言えば楽なわけで。

 

 

たまに、そんなことを改めて自分が考えるように、

折にふれこの本の存在を思い出し、読みたくなるのかもしれません。

疲れてるのかな(笑)。

 

 

 

この本の話題のついでと言ってはなんですが、

今年中にフィフティシェイズダーカーのクリスチャン目線の本が出るって話で、

楽しみにしているんですが・・・、

もう9月ですね〜。

 

| books | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
続編が読める!(まだ先だけど)

映画「世界一キライなあなたに」の原作

 

ジョジョ・モイーズの

 

「Me before you」(きみと選んだ明日)

 

その後を描いた

 

「After You」

 

 

この後があったらうれしいけれど、

ないだろうなぁ〜。

って思っていたのですが。。。

 

 

ルーの物語3作目、出るんです!!!

2018年の春ってことで、

まだ先ですが。。。

 

すごく楽しみです!

この1年つらいことがあってもこれで頑張れそう(笑)。

 

2作目

「After You」では、

ラストにアメリカへ行くルー。

2作目で出会った恋人サムは出てくるのかなぁ・・・。

出てきてほしいな。

 

 

評価:
---
Penguin
---
(2012-01-02)

評価:
Jojo Moyes
Penguin Books Ltd
¥ 795
(2016-06-30)

評価:
---
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥ 3,300
(2017-02-03)

| books | 06:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
First comes Love
「サムシング・ボロウ」(映画「幸せのジンクス」原作)などの
エミリー・ギフィンの新しい本

「First comes Love」

今月末に発売のようです(英語版)。
40歳目前の2人の姉妹が主人公。

6月に出る本はハードカバー版で、
積読している本がありすぎるので、
ペーパーバックまで待つべきですが・・・。
悩みます。

 
評価:
Emily Giffin
Ballantine Books
¥ 3,253
(2016-06-28)

| books | 02:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ダブリンストリート。次のシリーズ?
サマンサ・ヤング(ダブリン・ストリートシリーズなど)
ジェイミー・マクガイア(マドックス兄弟シリーズ)
エミリー・ギフィン(サムシング・ボロウなど)
ジョジョ・モイーズ(ミー・ビフォア・ユーなど)

・・・敬称略。

不定期ながら公式ページをチェックして、
新しい本は出たかな〜??
とか、チェックしています。


「ダブリンストリート」

今もたまに思い出したように読んでは、
涙したり、胸キュン(年甲斐もなく)したりしているんですが、

9月に発売(英語)する新しい本

「The One Real Thing」は、
Hart's Boardwalkというシリーズになるのかなぁ〜。
って感じのようで。
最初の主人公は
女医さんのよう。


ダブリンストリートシリーズの4冊しか読んだことありませんが(途中のも含む)
すっかり好きな作家さんなので楽しみです。

 
| books | 02:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マドックス兄弟再び?
アビーとトラヴィスのラスベガスでの突然の結婚から
11年後のピンチを描いている・・・らしい、

「A Beautiful Funeral」
8月に発売のようです(英語版)。

兄弟で一番のお気に入りの
長兄トーマスも出てくるみたいで、
要チェックだなぁ〜と思っています。

が。
最近ゆっくり本を読む時間が取れず、
相変わらず読みかけの本、買ったままの本ばかり。
読みたいと思う本が増えて、
買っておいても追いつかないから・・・と買い控えしていますが、

これは頑張ろう。
っていうか、読書も頑張りたいです。

 
| books | 02:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
やっと読み終わりました。
「After You」

もうすぐ、もうすぐ。。。
って言っていましたが、ようやく。

そこからも日が結構経ってしまいました。
2月は中旬から、いつもより忙しく日記の更新も滞りまくりで(言い訳)。

きっとこの本も日本語版になるだろうし。
って思ったら、内容ってどこまで触れていいんだろう??
って考えていたら、考えすぎちゃって書くのから遠ざかってしまいますが、

読みかけのときも書いていますが、
前作のラストは、ちょっと心からすがすがしいとは決して言えるものではありませんでした。

今回はそれはありません。
ただ、私の個人的な意見でしかありませんが、
ピークはラストよりちょっと前にあって、
ラストは、私的にはもうちょっと違う終わり方だったらよかったなぁ〜。
なんてちょっと思ってしまいました。
でもこれって、ルーのラストというより、
私自身の今の希望みたいなものが、この本のラストとはちょっと違うからだよな〜。
というのはひしひしと感じています。

とはいっても、
とってもいい1冊でした。

・・・とってもざっくりしていてすみません。

 
評価:
Jojo Moyes
Pamela Dorman Books
¥ 2,211
(2015-09-29)

| books | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
もうすぐ読み終わる詐欺「After You」
一つ前の日記でも、

「After You」
もうすぐ読み終わるって書いたんですが・・・。

今度こそ、本当にもうすぐ(笑)。

このもうすぐ。が、くせもの(?)で、
読むのが遅いので、この「もうすぐ」でも2時間ぐらい気づいたら経っている。
なんてことも(涙)。

今日は日中病院に通院だったのですが、
車を駐車場に止められないほど混んでいて、
ちょっと離れたところに止めたのですが、
お供はもちろんこの本。

本当はもう1冊もってきていて、
「この調子なら、読み終えてもまだ診察に呼ばれないかも〜」
って思ったのに。。。
1時間とちょっと読む時間あったのに・・・。

読み終えなかった(おそっ)。


すでに一度つまみ読みした際に涙したところに
ようやくたどり着いて、
また泣きそうになりました。

思えばこの本の読み始めも同じくここの病院にかかっていて、
泣きそうになったのでした。
その時は、切なくて泣けそうでしたが、
今回はうれし泣き。
病気(というほどのものでもないんですが)も長かったのですが、
本を手にしてから読み終えるまでも長かったなぁ〜^^;


・・・まだ読み終えてないし。
病気(しつこいですが、病気とよべるほどでもない)も、
完璧に完治したかはまだわからないんですが・・・。


そうそう。
前作、
「ミー・ビフォア・ユー」は今年映画化されますが、
ジョジョ・モイーズさんのホームページから予告編を観ました。
予告編。音を出せないところで見たのですが、
予告だけで泣きそうになりました。
・・・そこも病院でした。(私はついて行っただけ)

 
評価:
---
Pamela Dorman Books
---
(2015-09-29)

| books | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
After You
「ミー・ビフォア・ユー」
の続編

「After You」(英語版)。

もうすぐ読み終わります。
が、
最後がどうしても気になって、
最後の数ページを読んでしまいました^^;



前作読み終えた後は、
いろいろ考えてしまって
ちょっとすがすがしいと言える1冊ではありませんでした。

ウィル亡き後の、その後を描いた1冊の今作は、
ウィルの死に心を痛めたルイーザの、
新たな1歩を踏み出すまでのお話で、
悲しみを癒す旅は、
前作読んだ後の心のもやもやも癒されていく感がありました。
苦しくて泣けたり、うれしくて泣けたり、
またもや寝不足で夢中に読みました(いい大人なのに加減が。。。)。


心を痛めたのは、ルイーザだけではありませんで、
ウィルのお父さんとお母さん(特にお母さん)の心の悲しみは、
想像するのは難しい気持ちだったと思いますが、
癒してくれる存在に出会って、よかったなぁ。って思いました。


この本のさらに続編なんて、ないとは思うので、
せめて、ラストのラストに、ちょっとだけ、2人のラストを見せてほしかったなぁ〜。
なんて思っちゃう。この後の想像はご自由に。
なのかもしれませんが。。。

この本も早く日本語版出てほしいなぁ〜。

 
評価:
Jojo Moyes
Pamela Dorman Books
¥ 2,202
(2015-09-29)

評価:
Jojo Moyes
Michael Joseph
¥ 1,169
(2012-01-05)

| books | 02:11 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
After You
「ミー・ビフォア・ユー」の続編


「After You」

本当は入院中に読み終わる予定でいたのですが、
結果進捗状況は半分ぐらい。
家族に頼まれたことを、体調と相談しつつやっていたら、
なかなか読めませんでした。
ある時、
「入院中なのに、何一生懸命やっているんだろう!?」
とふと我に返った時には、退院まで数日ってところでした(笑)。


やっと、
「この人がルーの新しい光かな。」って思う人が、頻繁に登場してきて、
そっちの話を早く知りたいよ!!!って気持ちがありながら、
・・・相変わらず読むスピードが、はやる気持ちに追いつきません(苦笑)。
評価:
Jojo Moyes
Pamela Dorman Books
¥ 2,394
(2015-09-29)

評価:
Jojo Moyes
Michael Joseph
¥ 1,056
(2012-01-05)

| books | 07:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/8PAGES | >>