SEARCH THIS SITE.

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
blogmura
人様の家庭のことなんですが。

昔、

ジェニファー・ガーナーとベン・アフレックのカップルが大好きでした。

 

が。

今はもう他人。

最初に別居のニュースを聞いた時は、

何か自分の中で崩れた気さえしました。

 

この日記のタイトル通り、

人様の家庭の事情のことなのですが。

 

 

先日、

お酒の箱を手にするベン・アフレックの写真を見かけて、

「あれ?確かアルコール依存症でリハビリ受けていたよな・・・」

と思っていました。

(確か、連れて行ったのがチャーリー・シーンで、

「チャーリーが?」みたいな記事を読んだ記憶がありました。

だいぶ前の話ですが。)

 

 

そして。

その写真の数日後、

ジェニファー・ガーナーが、リハビリ施設に連れてった。

という記事を見ました。

かなりざっくり書くと、

ジェニファー・ガーナーは怒っていたけれど

子供のためにとベン・アフレックに手を差し伸べ、送り届けたということでね。

その関連の記事を読んでて知りましたが、

3度目の施設なんですね。

チャーリー・シーンが連れてったのと今回のと2回と思っていました。

 

リハビリ施設に行ったって、克服しきれるというわけではなくて、

ベン・アフレックも毎日自分との戦いだったって、そんな記事も読みました。

一生続くんだと思いますが、子供のために立ち直って欲しいですね。

それは人に言われなくたってわかっているけれど、やめられないのが依存症ってものなのでしょうが。

 

 

人様の家庭のことなのですがね。

ベン・アフレックも一時好きだったので、

やっぱり気になる話題でした。

 

 

| actor&actress | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
観ているのに内容の記憶が。。。その3
ヴィンセント・ドノフリオ出演作再チェックその3。

「メン・イン・ブラック」
割と最近になって、改めて観直しているので、
よーく覚えています。
エイリアンに体を乗っ取られちゃう、残念な農夫の役でしたよね。
特殊メイク姿で、しっかりエイリアンでしたので、残念(映画的には残念じゃないのですが)
その、”改めて観直した”という理由が、
「名探偵モンク」のトニー・シャルーブってどんな役だったっけ?
という、今と同じ理由だったのですが、
元々好きな映画だったので、結局話に夢中になって
「やっぱり、ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズいいよね〜」
で終わり、
更にはしばらく、
ウィル・スミスのラップのアルバムを押し入れから出してきて、
しばらく聴いていました・・・。
ヴィンセント・ドノフリオもトニー・シャルーブも関係なくなりましたね^^;


「ニュートン・ボーイズ」
何が面白いのか、理解できなかった、高校生の時に観た1本。
というわけで、記憶がまた曖昧。
ニュートン兄弟は、犯罪者だったかと思いますが、
そんな中でも
マシュー・マコノヒー演じる、主人公は、
悪なんだけれど、そのリーダー性は、
「生きる場所が違えば・・・」的な感じだったような・・・。
で、ヴィンセント・ドノフリオは兄弟の何番目の人で、
どんなキャラクターだったのか・・・。こちらも要再鑑賞。


何かラブコメとか過去に出演していないのかしら〜??
と、探して、
是非観たいのが、
マリサ・トメイと出演している
「ハッピーアクシデント」
でも、日本版はDVDはないみたい。
アメリカ版も新品は出回っていなくて、
中古でも構わないのですが、一度嫌な目に遭っているので、ためらっています。
Amazon(米)のストリーミングでは購入できるようなのですが、
こちらは日本では観れないのですよね〜。
観たいなぁ。

評価:
---
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥ 910
(2011-01-12)

評価:
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 1,000
(2015-07-03)

| actor&actress | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
観ているのに内容の記憶が。。。その2
ヴィンセント・ドノフリオ出演作チェックその2です。

「ザ・プレイヤー」
ティム・ロビンスが主人公だったなぁ〜。
という記憶しかなくて。

かなり言い訳ですが、
これを観たあたりって、高校生。
手当り次第に観ていたころで、
その中には、高校生の私には理解できない内容のものも多々あり、
結果、今になって内容が思い出せないんですよね。
この頃観ていたのは、もう一度観るべきだなぁ・・・といつも思います。
今なら手当り次第に観ても、
多少内容に理解を示せるものが多いでしょうが、
今は手当たり次第に観る時間がない・・・というね(涙)。

というわけで、
きっと観たら
「あぁ、そうそう!!」なんでしょうね。



「フィーリング・ミネソタ」

キアヌ・リーヴスのダメな兄貴かなにかだったっけ?
と、いうのが今の記憶。
こちらも高校生ではなかったかもですが、10代後半頃観たんだと思いますが、
手当たり次第観たやつ、というよりは、
あんまり面白くなかったんじゃ・・・。
また今観たら違うかもなので、こちらも要鑑賞。


「愛の選択」

これも高校生の時初めて観ましたが、
ジュリア・ロバーツが演じる主人公が、
病気を患う青年の身の回りのお世話をする仕事に就いて、
その青年と恋に落ちるんだけれども・・・って話で

「プリティウーマン」の演技で人気でて、
シリアスなキャラクターも演じれるんだぞ!と模索していた頃らしく、
むしろ裏目に出たんじゃない?という何作品かの1つ。
・・・と、評論されていたのを雑誌で読みまして。

「そんなことないぞー!」
と思ったのは、記憶しています。

で、ヴィンセント・ドノフリオがどの役で出ていたかという、
肝心のところは・・・要再鑑賞。


でもあんまり感じのいい役じゃなかったんじゃないだろうか・・・
と、思います。
「Law&Order:犯罪心理特捜班」
観るまで、
実はそんなに好きな人じゃなかったんですが、
彼こそ、
そう思わせる演技の上手さ故。と思います。


評価:
---
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
¥ 800
(2008-06-20)

評価:
---
ワーナー・ホーム・ビデオ
¥ 991
(2010-06-02)

評価:
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 1,490
(2008-09-05)

| actor&actress | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
観ているのに内容の記憶が。。。その1
ヴィンセント・ドノフリオの出演作をチェックしていました。

たくさんあるのでね。

まずは

「サムサッカー」

これは確か、主人公のお父さん役で、
息子にちゃんと男らしくなってほしい、
少々理解の足りない父親役だったような・・・。


「クローン」

これは、「CSI:NY」で改めてゲイリー・シニーズいいな。
ってなって、観た作品で、
ヴィンセント・ドノフリオの役は、
ゲイリー・シニーズ演じる主人公(だったっけ?)のことを
執拗に「クローンじゃないか?」って疑う役・・・だったかなぁ。
当時思ったのは、
「お前が、クローンなんじゃないの!?」で、
でも実は・・・というのが映画自体の話だったはず。

「ミスティック・ピザ」

観たのがかなり前過ぎて、
もう一度観なくちゃいけない・・・。
ってほど、思い出せません(涙)
予告をとりあえず観直しましたが、
「あぁ〜。そうそう。。。うーん。でも。。。。。忘れた!」で^^;


そういう作品がまだまだまだまだ続く。


評価:
フィリップ・K・ディック
松竹
¥ 1,650
(2004-11-25)

評価:
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 1,490
(2008-11-19)

| actor&actress | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
なにげに好きな、チャニング・テイタム
何年かに一度、
「すっごい大好き!!!!」
という俳優さんに出会って、
その後数年はその俳優さんは別格で好きな人で、

そうじゃない人は
「そこまでじゃないけれど、好きな人」
という感じから、

「よく見る、気になる人」
それから、

「あの作品で嫌なキャラクターだったから、何となく嫌」
まで。

最後に関しては、
そこまで思えるほどの演技だったってことは、
すばらしい俳優さんじゃないの。
って感じですよね。
実際、
その後すっごいいいキャラクターを演じているのを観て、
「そこまでじゃないけど、好きな人」へ一気にレベルアップ(?)するんですが。


このブログでも散々書いていますが、
私の中では数年別格で好きな人は
マイケル・ファスベンダーなので、
彼ほどハマってはいませんが・・・。

最近気になるのは
チャニング・テイタム。

最近っていうよりも、結構前からですが、
いつからだったかな〜?
ってブログを振り返ってみたら、

「君への誓い」でした。


まだまだ観ていない作品も多く、
出演作を観よう!と調べたら、
アクションが多いんですよね〜。

次観ようと思っているのは
「親愛なる君へ」
これは、ニコラス・スパークス原作の作品ですしね、
アクションじゃないですよね。

この連休で観ようと思いましたが、
ステップアップまでしか観れませんでした。


奥さんの
ジェナ・ディーワンも素敵な人で、

今まで私の中のベストカップルだったある2人が
別々の道を歩むことになってしまった今、
末末永く幸せなカップルでいてほしい。
と新たに期待を、勝手に寄せていたりする1組だったりします・・・。


評価:
---
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
¥ 761
(2013-01-30)

| actor&actress | 04:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
彼女の選択。
数日前に読んだ記事。

アマンダ・サイフリッド。
(彼女のラストネームは読むのが難しいです。)

US版のVOGUEの(多分)6月号のインタビュー記事。

2012年に出演した
デヴィッド・レターマンの番組に、
リラックスして出演するのにお酒を飲んだ状態で挑んだのを
最後に、カウンセリングへ通うようになったのだとか。

元々プロモーション活動があんまり得意ではないようで、
それまでもお酒で緊張をほぐして、プロモーションのための
テレビ出演などこなしていた様子。

そんな彼女が、カウンセリングを受けようと思ったのの大きな一助は
恋人ジャスティン・ロングの存在のようですね。
カウンセリングへ行くことによって、
自分の心と向き合うのは、怖かったそうですが、
今では克服しているみたいで、

よかったね!!と思いました。

自分の心と向き合うのは時として辛い作業ですよね。
それを後回しにして、何かで逃げていると、
やがてはその逃げているものから、逃げられなくなる・・・
そうなる前に根本と向き合おうと思える強さは、
素敵だなと思ったわけです。
簡単にできるようで、実は簡単ではないですもんね。
何気に一番苦しくて、大元つかむ前に逃げたくなることだってしばしば。

・・・とまぁ、生意気な感想すみません。



恋人のジャスティン・ロングについても
語られているところがあって、
見た目のまま、とってもいい人のよう。

いい記事でした。(どこまできちんと読めているかは・・・自信ありません)

http://www.glamourmagazine.co.uk/news/celebrity/2015/05/19/amanda-seyfried-vogue-cover-star-anxiety-justin-long
| actor&actress | 09:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
元カノに悪いと思いつつ。
ブラッドレイ・クーパー。

モデルさんの彼女とお別れしたという記事を読んで、
そうかぁ〜。残念だね。
って、大して残念に思ってないだろ!と言われてもおかしくないだろう
感情の込め具合で思っていましたら。

その数日後、

popsugarが、
「ブラッドレイ・クーパーとジェニファー・ローレンス、今こそ!」

的な特集が。
あれって確か、ジェニファー・ローレンスがブラッドレイ・クーパーのことを
語ったんですよね、それでだったですかね。
(大好きな友達的な感じでしたっけ?タイミング共々違ったらごめんなさい)

Twitterとスマホでのサイトの閲覧だったので、
リンク貼りませんが(不親切で申し訳ないです、毎度毎度)

2人こそお似合いという感じで、
2人の仲睦まじい感じの写真が添えられた記事で、
本当にお似合いで。

「くっついたらいいのに」などという余計なお世話な考えを
以前持っていましたが、
当時は、ブラッドレイ・クーパーは元カノ(名前が、、、ウォーターハウスさんみたいな名字だったような)、
ジェニファー・ローレンスはニコラス・ホルトと付き合っていて、
「そうか〜。ないか〜」
って思っていたんです。


重ね重ね。
本当に余計なお世話ですが、
2人くっついたらうれしいな〜と思う。
その記事読んだとき、
「私もそう思うよ〜!!」ってウキウキしてしまいました。
なんだか、ベン・アフレックがジェニファー・ガーナーと付き合ってるって
わかったときみたいな感じ。

けど、
破局報道から間もないというのに、
有名人って大変。
元カノさんに気の毒だよなぁ。とても。
(と、ここまで書いておいて、私もヒドい事していますが)


| actor&actress | 08:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ジョセフ・モーガン
ジョセフ・モーガンの話をしたばかりで、
このニュース。

ジョセフ・モーガン、結婚。

パーシア・ホワイトって、
ボニーのお母さん役??

かねてから婚約していたんですね。
それも知らず、
結婚のニュースに驚いています。

おめでたいニュースなんだけど、ちょっと残念な本音^^;
でも、おめでとう。

peopleのウェブの記事の写真、
幸せそう^^

ツイートをリツイートしたもので申し訳ありませんが・・・。


| actor&actress | 08:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
クラウスがHexに。
「ヴァンパイア・ダイアリー」

シーズン3の途中なので、
もしかすると、今はいい人になってる?

クラウス。

今のところ(しばらく鑑賞が止まっていますが)、
クラウス好き好き〜!と、言える状態ではありませんが、

クラウスを演じる、
ジョセフ・モーガン。

かっこいい。


で、何か他の出演作見ようかな〜と調べていたら、

「Hex」に出ているじゃないですか〜!!
でも、全然記憶が^^;

と言うわけで、観直してみました。
出てる出てる!
で、重要な役やるんだったっけ??

と言うか、全然覚えていないのは、
マイケル・ファスベンダーばかり見ていたからですね^^;

今回はちゃんと。


| actor&actress | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
道を踏み外すこともあるけれど。
「グレイズ・アナトミー」などの、

エリック・デーン。

さっきウェブ版のpeopleで、
記事を見て、

「そういえば、リハビリ施設に入っていたよね・・・」
と、そんな記事を読んだの思い出した。

今はすっかりクリーンで、
家族との絆も深まっている様子。

ちょっと人生のわき道に入ってしまって、
中には運悪く戻ってこられない人もいて、
大好きな役者さんもいなくなってしまって、寂しかったりしますが、

こうして
戻ってきたってニュースはうれしいです。




| actor&actress | 02:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/6PAGES | >>